わがままな勇者王えいくんのこってり携帯動画館

ギャルランキング
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ベナン
2.Soft Machine
3.男子ごはん
4.優香
5.黒田研二
6.くにおくんの熱血サッカーリーグ
7.まんがはじめて物語
8.風の坂道
9.アイドルマスター
10.ベイブ

◆JPOPランキング◆
ゼロ年代SF傑作選 (ハヤカワ文庫 JA エ 2-1) (ハヤカワ文庫JA)  桜坂洋『スラムオンライン』の後日談、「エキストラ・ラウンド」を除く7編は全て『SFマガジン』(以下SFMと略記)に掲載された短編。おそらく単行本には未収録ながら、本誌掲載の短編に全て目を通しているような熱心な読者・SF者にはすでに既読の作品群。(ちなみに私は不熱心な読者なので、7本中3本が未読。その中では、テクノロジーの進歩と文化の関係がテーマの長谷敏司「地には豊穣」が素晴らしかった。)
 しかしながら、この短編集はたとえ熱心なSFM読者でも、というか読者であればこそ。巻末の藤田直哉の解説、「ゼロ年代におけるリアル・フィクション」(14頁)。これを読むためだけに購入する価値あり。
 これは収録作品の解説に止まらず、リアル・フィクションそのものを総括する評論。収録作品の著者だけでなく、ゼロ年代前半(というのも「リアル・フィクション」と銘打たれた作品が刊行されたのは本解説によれば07年が最後で、また本書に収録されている作品がSFMに発表されたのも海沢めろん「アリスの心臓」を除けば05年まで)の「SF冬の時代」を乗り越えたSFの展開と、その中で「リアル・フィクション」がどう位置づけられるかを論じている。
 その中心に据えられているのは、昨年の3月号をもってSFM編集長を退かれた塩澤快浩氏だ。氏がSFの再興に果たした役割については今後さらに論じられるであろうけれど、編集長を退かれて1年がたち、氏が誌上で展開された「リアル・フィクション」を総括するのには丁度いい時期であるのか。(それに冲方丁は時代小説を手がけてるし。西島大介はあまりSF描いてないし。)
 新たな10年を迎える直前に、評論とあわせてリアル・フィクションの粋である作品群を再読し、冬から初夏に季節が移ろった10年をふり返るのもよいのでは?
 願わくば、次の10年が盛夏であることを。

秋葉原耳かき小町殺人事件 ~私たちは「異常者」を裁けるか~ (ワニブックスPLUS新書) この作品はもともと著者のWebページに集中連載されていたものでした。 耳かき小町に過度にのめり込み、
顧客としての適度な対人距離を逸脱しはじめる『ファン』。 しかし応対する小町の方も歩合給制なので、
ある時期まではその『ファン』は頻繁に長時間滞在をしてくれる大事な『お得意様』だったのだが…
その『ファン』はいつしか耳かき小町に対してストーカー行為をするまでに行動をエスカレートさせてしまう。

物事にハマりやすい人は、『明日は我が身かもしれない』と思いながら読むべき作品かもしれません。

とらいあんぐるハート’s Sound StageX3 ラジオドラマSP SIDE-B ラジオが聞けなくて悔しい思いをした人も多い筈。
X-2を聞いた人ならわかる筈だけど、ドラマ部分は秀逸。
B面にあたる今作を聞かないわけにはいかないでしょう?
というわけで、秋の夜長はとらハで過ごしましょう!

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
占いランキング

today:006 yesterday:017
TOTAL:32688