細川マラドーナなんちゃんのキラキラ動画

占いランキング
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.駅メロ
2.Shadow Gallery
3.オーバーゾーン
4.乾くるみ
5.スヤキ
6.子猫物語
7.サルヴァトーレ・アッカルド
8.涼宮ハルヒの憂鬱
9.三浦俊彦
10.COSMOS

◆JPOPランキング◆
Sonic Ultimate Genesis Collection(輸入版) 基本的に40作収録、裏収録4作品あり1本あたり50円です

ソニックシリーズとベアナックル海外版だけで元は取れてしまいます
今後、オンライン対応になり切り売りが決定しましたが、
PSNストアで1本600円という価格を考えると激安です。

実物を買えば全部で数万円になるのがこの価格、お得です!

★40作収録
★ワイド画面対応、しかも比率を自由自在に変更可能
★スムージング処理せずとも、液晶にマッチしたドット絵
★格付け機能付き ★の数を設定可能
★アナログスティック操作がデフォ
★すでにお求めやすい価格設定に
★設定資料を収録
★ロード皆無
★そして目玉機能、どこでもセーブ機能、プレイ中のどんな場面でもセーブ可能です

収録40作は以下の通りです。長くなるのでご容赦下さい。

Alex Kidd in the Enchanted Castle

Alien Storm

Altered Beast

Beyond Oasis

Bonanza Bros.

Columns

Comix Zone(超レアソフト)

Decap Attack starring Chuck D. Head

Dr. Robotnik's MBM

Dynamite Headdy

Ecco the Dolphin

Ecco II: The Tides of Time

E-SWAT

Fatal Labyrinth

Flicky

Gain Ground

Golden Axe I

Golden Axe II

Golden Axe III

Kid Chameleon

Phantasy Star II(英語版のため何も出来ず)

Phantasy Star III: Generations of Doom(英語版のため何も出来ず)

Phantasy Star IV: The End of the Millennium(英語版のため何も出来ず)

Ristar

Shining in the Darkness(画期的だけど駄目ゲー)

Shining Force(ストーリーはわからないけれどティアリングサーガみたいなシュミなので遊べる)

Shining Force 2

Shinobi III: Return of the Ninja Master(名作)

Sonic 3D Blast

Sonic and Knuckles

Sonic Spinball(未体験者なら超おすすめ)

Sonic the Hedgehog(定番)

Sonic the Hedgehog 2(定番)

Sonic the Hedgehog 3(定番)

Streets of Rage

Streets of Rage 2(超おすすめ)

Streets of Rage 3

Super Thunder Blade

Vectorman

Vectorman 2

Invisible Touch 1986年というのは特に洋楽アルバムの名盤が続々輩出された年である。そんな中の傑作の一枚が本作「INVISIBLE TOUCH」だ。

フロントマン、フィル・コリンズは前年ソロアルバムをリリースしており、本作は短いインターバルの中で、短期集中的に作られたようだ。それでこれだけの傑作を作ってしまうあたり3人の余裕が感じられる。

全体的にはシンセの音を細かく積み重ねているという印象が残る。特に(2)「TONIGHT TONIGHT TONIGHT」などは7分以上の大作で、緻密な音空間は大きなステレオで聴くのに適している。シングル以外の組曲(6)「DOMINO」も鳥肌ものだが、ラストの(8)「THE BRAZILIAN」はインスツルメンタルで、ジェネシスの演奏力の高さがわかる。

そしてこのアルバムはロックバンドとしては最多の全米シングルトップ5に5曲送り込むという記録を作ってしまう。しかし出る杭は打たれるというか、ポップスを極めたジェネシスに往年のプログレファンがかなり反感を覚えたようだ。本人達がそれを意識したかどうかはわからないが、5年後のアルバム「WE CAN'T DANCE」で彼らの音楽は保守的なものとなる。本作のような胸躍る楽しさがなくなってしまった。ジェネシスがポップでなぜいけないのだろう?

リアルタイムでこのアルバムにめぐりあえたことは幸せだったと思う。何度もウォークマンで聴き入り、全曲タイトルと一致して覚えてる。そういえば最近の洋楽アルバムで全曲タイトルも一致して覚えてるアルバムってないな。


ダ・ヴィンチ・コード(下) (角川文庫) トータルの面白さとしてはまあまあ。しかしながらこれほど大騒ぎするようなミステリーとはとても思えません。

 もともと日本人にはなじみの薄い欧州の宗教が絡む物語なので、そこのところでまず日本人には今ひとつピンと来ない舞台設定だと思います。

 ネタバレのため、未読の人は読まないでほしいのですが、タイトルのダ・ヴィンチ・コードを信ずるとややはぐらかされます。なぜってこのミステリーはルーブル美術館官庁が作った謎を解明するのがほとんどだからです。個人的にはダ・ヴィンチの残した絵画などにもう少し謎が隠されているものだと想像していたので、やや肩透かし。黒幕も主要登場人物が少なすぎ、簡単に予測できるのもマイナス。

さしてドラマが二転三転でもなく、本当に海外で高評価なのかちょっと謎が残りますね。どうも欧州、北米ではやはり宗教に絡んだ歴史ロマンは受けが良い。その土壌がわからない日本ではややいまいちではないかと考えます。

 謎解き自体はほどよい難易度で、時間をかけて真剣に考えれば結構答えが得られるものが多いので、謎解きとしては面白いですよ。

 テンポもよく娯楽小説としては面白いとは思います。

 個人的には本作よりも「天使と悪魔」のほうがはるかにお勧めです。あちらは謎解き要素がとても魅力的なのでね♪

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
アニメ動画ランキング

today:005 yesterday:015
TOTAL:33676